語学の旅人 まさやのブログ

まさや…40代多言語学習者です。ロシア語、スペイン語、英語、を学習し、よかったと思える勉強方法、教材などを紹介していくブログです。

ロシア語の文法おすすめ教材 

f:id:gogaku-no-tabibito:20210607165538j:plain

この記事はロシア語学習者で下記の方におすすめです。

  • 文法の再確認用に使えるテキストが欲しい
  • 文法が項目から探せる辞書のような文法のテキストが欲しい

 

ロシア語の教材でおすすめな、文法が内容ごとに項目化された教材

  • NHK出版の 「これならわかる ロシア語 文法 入門から上級まで」 
  • 東洋書店新社の 「現代 ロシア語文法」

上記2冊がおすすめで、使ってみた感想やよりよい使い方などを書いてみます。

おすすめする理由

 ロシア語の文法を一通り学習した頃、過去に学習した内容を忘れてしまっていることって多いですよね。

 

 「あれっ、移動の動詞は……?」と、

 

そんな時は通常の入門用の学習書のような順序ではなく、上記の2冊のように内容ごとに項目化された学習書を使って復習、探し出しの作業をしています。ロシア語の文法の辞書…というか、便覧とでもいいましょうか…

テキストの必要ヵ所へのアクセスがはやいんですね。それに例文もあり、文法の詳しい解説もあります。

「東洋書店新社の 「現代 ロシア語文法」」においては練習問題もついていて、さらなる確認ができます。ロシア語独習者にはうれしいですね。

私は2冊とも持っていますが、どちらかは持っておきたいところでしょう。

 

まさや流 よりよいテキストの使い方  

 2冊ともページ数、項目ともに多いので一度調べた項目には タックシール を貼って、

効率的に調べられるように(一度調べたページは再度見るだろう的感覚)しています

 

f:id:gogaku-no-tabibito:20210521193828j:plain

画像は自分のノートですが、このようにタックシールで項目を示すとページの検索が早いですよ。

 まとめ

いかがでしたでしょうか?わたしはこういうテキストを持つと「ちゃんとやってるんだぞっ!」っという感じで幸せな気分になります(笑)

学習用テキストがすきなんでしょうね。