語学の旅人 まさやのブログ

まさや…40代多言語学習者です。ロシア語、スペイン語、英語、を学習し、よかったと思える勉強方法、教材などを紹介していくブログです。

ロシア語会話と作文の表現の幅を広げるテキスト

f:id:gogaku-no-tabibito:20210622185448j:plain


この記事は、ロシア語初級(文法はある程度)を勉強した方で会話の表現の幅を広げたい方におすすめです。

※初級とはあくまでまさやの感覚です。どうかご了承ください。

 

ロシア語会話の表現を広げるテキスト

 

語研(出版社)さんの、3パターンで決める 日常ロシア語会話ネイティブ表現(CD+テキスト)

 

私が使った感想ですが、ロシア語を初級程度(文法はある程度)は理解していて、会話の表現を広げたい人にとって、よい独習テキストなのではないかと思います。

ロシア語学習を始めたばかりの初心者の方が持ってもいいとは思いますが、ちょっとまだ難しいかなぁと思います。一応文法用のページもありますが文法は文法で専用のテキストでガッツリ勉強してからかなぁ、と思います。

 

どういう点がよいか

ロシア語学習者は「○○な場面でこういうことが言いたいっ!」ということがあると思います。それに対して本書には1つの場面に3パターンの表現が掲載されています。また、会話表現ですので、言いたいことに対する返答もあります。

私はこの本を使う前はレッスンを受けている時に、使いたい言葉(単語)を辞書などで調べて……調べて……っで、結局これでいいのかな?でしゃべっていました。そもそも私はどうやって表現するかを知っていなかったんですね。

っで、この本を手に入れてよんでから「あっ、これすぐ使える」というのがいくつかありました。全文は覚えきれてないですが、これからも続けて覚えて表現を増やしていこうと思っています。結構実践的ですね。

音声も、ある程度勉強している人にとってはちょうどよいのではないでしょうか?

訳も載っていますし、小さい字でルビもふってあります(ルビは小さいですが、付いているのがありがたいって思っています)。また、その文章を構成している文法も簡潔ですが載っています。なのでわざわざ別のテキストで調べなくてもいいですね。

おそらく、これを使う人は不完了体と完了体を意識して読むレベルなのではないかと思います。

この教材の各文章の説明書きに、使っている動詞が不完了体なのか完了体なのか示してあるので、それはちょうどよいと思います。

私はこれがすごい勉強になりました。

 

使い方

今、作文や話すことが必要な方は使いたい場面などを探して使う。っで、今、作文や話すことが必要ない方はとりあえず一通り発声、暗記して自分の表現の引き出しを増やすのがいいと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ロシア語会話と作文の表現の幅を広げたい方にはいいんではないでしょうか?そもそもどう表現すればいいのかがわかっていないと作文やリアルタイム会話はできないですからね。このテキストがその手助けとなってくれると思いますよ。